PRESS RELEASE

2021.07.05

キュリー株式会社3年目について

こちらのニュースリリースでは要点のみを取り上げさせて頂いております。
こちらのNoteにて全編を公開しております。

皆様の日頃のご愛顧誠にありがとうございます。
キュリー株式会社は2年の活動を終え、3年目に入りました。

また、想いに共感して一緒に活動しているメンバーは32名となりました。

コロナ禍にもかかわらず、共に継続して教育を提供してくださった企業や団体様、積極的にオンラインイベントに参加してくださった中学生・高校生の皆様に、深く御礼を申し上げたいと存じます。

「面白いと思ったら損得関係なしに大胆にやってみる。」
創業から掲げているこの考え方を根底に、キュリーでは「映像」と「サステナブル」という2つの大きな分野を挑戦しておりました。


1. 映像分野の挑戦
自社でスタジオを構築し、オンライン配信や映像制作などの案件を引き受けております。



2. サステナブル分野の挑戦
SDGs活動をしたい方に、よりクリエイティブな挑戦ができるよう支援を行なっております。重点的に支援しているのはサステナブル素材の提供と、ECサイトの構築です。まだ発足して1ヶ月なので、ぜひインスタアカウントをフォローしていただけると幸いです。
https://www.instagram.com/eris_select

しかし、もちろん既存の教育事業からは離れておりません。少し具体的な課題感と施策を踏まえて、キュリーの現状をご紹介致します。
キュリーの現在持っている課題意識は3つ。


問題意識1. 情報の不足・過多
社会との接続・生きる力を鍛えるなど...
様々な団体企業が中高生にとって素晴らし学びや挑戦を提供していますが、その情報が中高生に届いておりません。もしくは中高生側が情報量が多すぎてその機会を見つけられない状況にあります。
一人一人に合った学びや挑戦の機会を届けること。
それがキュリー株式会社のコンセプト、「学びのコンシェルジュ」です。

問題意識2. 教育の提供者へのサポート体制がない(イベントやプログラムの主催者など)
これまで、教育が生まれやすい環境を整える企業団体が存在していませんでした。
多大な資金を注ぎ込み、様々な人たちを巻き込んで、熱い想いを持って取り組んでいる教育関係の人たちがたくさんいる中、いいコンテンツが企画や集客でうまくいかずに想いが冷めていったり、継続的に提供できなくなります。
次世代の教育の提供者たちの想いとアイデアを、キュリーは全力でサポートしております。

問題意識3、サステナブル活動の敷居の高さ
正式にはまだリリース前の段階ですが、サステナブル素材を使用したブランド製作を支援し始めております。
これまでは素材交渉、加工、事業構築、メンバー集め、広報、販売といった全ての工程をクリアしないとサステナブルブランドを作ることができませんでした。
もっと作り手が楽しく、やりたいことに集中できるよう、私たちは多種多様なサステナブル素材を取り扱うECサイトを立ち上げ、さらにその販売ECを並行して構築しております。
正式リリースは11月を予定しております。
この事業で、より多くの人が素材にワクワクし、自分の活動にワクワクできるようにしたいです。そして中高生が自分たちの探究で、これまで以上に幅広くSDGs活動ができるよう支援していきたいと思います。



以上が、今キュリーが取り組んでいる事業になります。
こちらのニュースリリースでは要点のみを取り上げさせて頂きましたが、こちらのNoteにて全編を公開しております。
もしキュリーの活動に興味があれば、ぜひお話しさせてください!

明日も誰かの好奇心のきっかけになれるよう、
私たちは活動を続けていきます。

令和3年7月5日
代表取締役 王 昌宇


【本リリースに関するお問い合わせ先】
キュリー株式会社 contact@qulii.jp
東京都新宿区高田馬場4丁目26−8

お問い合わせはこちら