NEWS

2020.07.05

キュリー株式会社の2年目について

キュリー2年目になりました。

この1年間キュリーに関わってくれたメンバー、
普段からキュリーのいろんなサービスを使ってくれた高校生、
活動に共感して掲載や協働してくださった団体企業、
皆さんに感謝申し上げたいと思います。

「面白いと思ったら損得関係なしに大胆にやってみる」
このスタンスで山ほど案件をこなし、失敗もたくさんしてきたが、
圧倒的なスピード感で色んな経験を積み重ねてきました。

下の方に今続けている施策を書き出しているが、
振り返ってみると1年でこんなにやったのか...って思うし、
ここに書き出していない諦めた施策や完了した案件などが倍以上あります💦

でも2年目は、これ以上のスピード感さらに大胆に色んなことに手を出してみます!
引き続き皆様応援と注目よろしくお願いします!

ーーーーー以下少しキュリーのやってることについて一部だけ綴ってみましたーーーーー

キュリーの持っている課題意識は2つ。

1、情報の不足・過多
社会との接続・生きる力を鍛えるなど...
様々な団体企業が中高生にとって素晴らし学びや挑戦を提供しているが、
その情報が中高生に届いていない。もしくは中高生側が情報量が多すぎてその機会を見つけられない。
一人一人に合った学びや挑戦の機会を届けることがキュリーの役目だと思っています。
それがキュリー株式会社のコンセプト、「学びのコンシェルジュ」である。

事業1: メディアQuliiで中高生向けに学校外のイベント情報発信
掲載団体300以上・掲載イベント数700以上
https://qulii.jp/

事業2: 高校生向け活動発信メディア Qulii PAPER
2020年6月スタート、1ヶ月で集まった高校生の活動100記事以上
https://paper.qulii.jp/posts/719


2、教育の提供者へのサポート(イベントやプログラムの主催者など)
これまで、イベントやプログラム、教育が生まれやすい環境を整える企業団体が存在していなかった。
多大な資金を注ぎ込み、様々な人たちを巻き込んで、熱い思いを持って取り組んでいる教育関係の人たちがたくさんいる中、
せっかくのいいコンテンツがうまくいかずに想いが冷めていったり、継続的に提供できなくなる。
そんな状態にならないよう次世代の教育の提供者たちをキュリーは全力でサポートしていきたい。
まだまだ技術面での支援が中心ですが、これからはもっとコンテンツ面での支援を強化していく。

事業3: オンラインイベントの構成、撮影、動画編集
30名規模〜2000名規模のイベントの生配信など
https://about.qulii.jp/services/online/

事業4: 挑コミュ(主催団体へのzoom貸し出し、コンテンツ提案)
4~6月の間で200以上のイベントを支援
https://www.facebook.com/groups/207710327277066/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして、2年目は「協働」と「価値への執着」の2つに注力した施策をどんどん打ち出します。

①教育の現場での授業
都内の高校で週20コマ授業を実践することになりました。社会との接続を中心に考えた上で教育コンテンツの作成を行っている。
VRをお借りして授業作りたいので、もし2日貸してもいいよって方いましたら是非教えていただきたいです!

②番組作成
これまでのワークショップ支援で培ったコンテンツ作成と生配信事業で集めた機材を活かし、番組を作ります。
もしよろしければチャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCrMTukBVysIee3NAXZiyCGA

③また新しいサイト作りますww

④大きい大会作ります!

⑤単発ですが7/17~Twitterで大きい企画やります!
https://twitter.com/QuliiJP


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1年目で自分たちの力不足が実感したからこそ、
2年目ではもっと自分たちを磨きつつ、
周りとの協働を強化していきます。

教育分野に一度も関わったことがない企業や高校生団体でも、
一緒にできることはたくさんあると思います。
是非一度お互いにできることを相談させてください!

また実は上の事業全部今6人で運営している状態です...
もし興味ある方がいたら是非zoomで一度気軽にお話ししましょう!


【本リリースに関するお問い合わせ先】
キュリー株式会社 contact@qulii.jp
東京都新宿区高田馬場4丁目26−8

お問い合わせはこちら